キャニオニング・シャワークライミングの持ち物

水着
バスタオル・温泉入浴用タオル
サンダル(どのようなタイプでも大丈夫です!)

ツアー後に濡れた足で温泉へ向かうので、その際に使用します!

その他のお勧めグッズ

  • ラッシュガード、レギンス

ウェットスーツはみんなで一緒に着替えます。人前で水着になるのが恥ずかしい!という方は着用がおすすめ♪

  • 水泳用ゴーグル(コンタクトの方)又は無くなっても許せる使い捨てコンタクト
  • ビニール袋(濡れ物入れ用)

<ツアー中の服装>
オールシーズン、ウェットスーツ、専用シューズ、グローブ、ライフジャケット、ヘルメットを着用します(すべてレンタル代込)
ウェットスーツの下には、水着を着用します。
お肌の弱い方や寒さに弱い方は、レギンスやラッシュガードもオススメです!

MENUに戻る

ラフティング・フロートトリップ・カヤックの持ち物

濡れても良い運動靴

スニーカーなどの歩きやすくて脱げにくいものがベスト。
かかとを足首でしっかり固定できるスポーツサンダルはOK。ビーチサンダルは不可
※レンタルシューズ有ります(要予約:200円)

水着
化繊のTシャツ
バスタオル
半パン又はスポーツ用ズボン

奈良吉野川コースの春秋、北山川はウェットスーツ着用となりますので、半パンは特に必要はありません。

その他のお勧めグッズ

  • 日焼け止め
  • 水泳用ゴーグル(コンタクトの方)又は無くなっても許せる使い捨てコンタクト
  • ビニール袋(濡れ物入れ用)

<ツアー中の服装>
夏の暑ーい日:Tシャツ、短パン、濡れてもよいシューズ、ライフジャケット、ヘルメット
春、秋などの涼しい日:ウェットスーツ(レンタル代込)、濡れてもよいシューズ、ライフジャケット、ヘルメット※夏でもウェットスーツを着用されたい方は申込み時に身長・体格をお知らせください。(レンタル代はツアー料金込)
※レンタルシューズをご希望の方は事前にサイズをお知らせ下さい。(1足:200円)

MENUに戻る

スノーシュー及び雪山トレッキングの持ち物
トレッキングシューズ(足首まであるもの) (生杉コース、三国峠コースはスノーブーツなどでも可能!)

足首までガード出来るハイカットのトレッキングシューズ。 登山用のスパッツ(ゲーター)があればさらにベスト!!(レンタル希望の場合は、200円でございます)レンタルシューズ:500円 (要事前予約!またサイズ調整のため、靴下の予備をご持参下さい))

アウターウェア   登山用レインウェア上下、スキー・ボードウエア等

雪の上では転んだり、滑ったりするので濡れないように、アウターウェアは大切です。 温度調節がしやすくコンパクトで防水性も高いので登山用のレインウェア上下がベストです!(素材はゴアテックス以外の防水素材でも大丈夫です!) 滋賀県エリアに限り、スキー・スノーボードウェアでも構いませんが、暑くなって脱いだ時にかさ張ったり、雪で湿りやすいのでどちらもお持ちの場合は登山用レインウェアをご持参下さい♪レンタルウェア:1,300円(上下セット、要予約) (登山用レインウェア上下です。その内に着る動きやすく暖かいウェア上下は各自着用して来て下さい。)

中間着(ミッドウェア)

フリースやウールのセーターなど、動きやすくて軽く、暖かいウエアがいいです。

防寒ウェア

ランチタイムや冷えて来た時に着用するウェア。 薄手のダウンジャケットがオススメ!(軽くてかさばらないので、必要のない時はリュックサックに入れやすいです。)

アンダーウェア

汗をかいても冷たくならない化繊やウールのもの。綿(コットン)のウエアは厳禁です!登山用アンダーウエアがベスト!スポーツ用でもいいです。

手袋

スキー用や雪山登山用の厚手の手袋が必要。その他、普段に使う毛糸や化繊の薄手のものもあるとベスト! レンタル厚手手袋:200円(要予約)

帽子

毛糸やフリースのニット帽子で、耳まで隠せる暖かいもの レンタルニット帽:200円(要予約)

サングラス  (無い場合はゴーグルでも可)

日ざしが強い日は、雪の反射で目が痛くなる場合があります。サングラスがあると安心です。特に高山(2,500m以上の山)へ登る場合は紫外線が特に強いので必ず必要です!

リュックサック

ドリンクや防寒着などを入れるのに必要です。歩いてると、雪の中でもけっこう暑くなります。そんな時にウエアをリュックサックへ入れます。なお滋賀のスノーシューコースの場合は、2名様に一つでも大丈夫です。 レンタルリュックサック:300円(要予約)

ドリンク

喉が渇いた時に自分で飲める飲み物。集合駅前で購入できます。

ランチ(ランチ付のコースは不要です!)

滋賀エリアのスノーシューコースには、ランチが付いています♪ その他のランチなしコースの場合、熱いお湯はご用意できますのでカップヌードルなどをご持参いただけます。

その他のオススメグッズ

使い捨てカイロ、デジタルカメラ、日焼け止めクリーム、予備の靴下

スノーシュー&ストック持ち込みの方は、参加費が1,000円引き!

 

雪山トレッキングコースでのみ必要な装備

アイゼン(大峰山の氷瀑、観音峰、綿向山などの雪山トレッキングコースの場合のみ)

6本~10本爪アイゼンがおすすめ。(4本爪アイゼンは傾斜のある登山道では使いにくいのです。) 氷瀑ツアーは10本爪がああると、やや歩きやすいです。 レンタルアイゼン:500円 (要事前予約)

トレッキングポール

滑りやすい足場を安定させるのに大切です。2本セットであると下りで安定感があります。 レンタルポール2本セット:300円(要予約)

MENUに戻る